もし事故にあってしまったら

どんな軽微な事故でも、加害者であっても被害者であっても、次の手順で対応しましょう。事故直後の的確で素早い対応は、事故解決への近道です。

事故発生時の対応

1.ケガ人の救護
ケガ人がいる場合は必要に応じて救急車の手配をします。この時事故現場から離れることのないよう、携帯電話が手元にない場合などは、近くの人に呼んでもらうようにしましょう。
救急車が到着するまでの間、可能な応急救護処置を行います。
軽いケガや、外傷がなくても頭部などに強い衝撃を受けた恐れのあるときは、早めに医師の診断を受けることをお勧めします。

2.事故の続発の防止
事故車両は他の交通の妨げにならないよう安全な場所に停車し、エンジンを切ります。車が動かない場合は、ハザードランプを点滅させたり、発煙筒や停止表示板を使用したりして、接近する後続車に事故の発生を知らせるようにします。
道路に散乱した部品なども、安全な場所に移動させます。この場合、後に事故現場の確認が出来るように配慮する必要がありますが、事故現場の保存より道路上での危険防止の措置が優先されます。

3.警察に連絡

最寄りの警察署もしくは110番に連絡し、

  1. 事故発生の日時と場所
  2. 事故の状況
  3. 負傷者の有無と負傷の程度
  4. 事故現場でとった措置

を報告し指示を受けます。軽微な事故でも必ず警察へ届出てください。
特に人身事故の場合は「人身扱い」の届出が必要です。

4.相手の確認

相手がいるときは、相手の

  1. 住所・氏名・昼間に連絡がつく連絡先
  2. 車のナンバー
  3. 車検証記載の所有者の住所・氏名
  4. 任意保険会社名

等を確認してください。


事故の相手方と直接話をするのが不安なときは、事故現場「電話代理対応」をご利用ください。

事故現場での示談は絶対に避けましょう。

事故直後は冷静な判断ができません。相手から補償の話が出ても、安易に示談することは絶対にやめましょう。もし富士火災への事前連絡なしに示談をしてしまうと、保険金の一部または全部が支払われないことにもつながります。

 

5.目撃者の確認
事故の目撃者がいる場合は、目撃者の住所、氏名、連絡先、目撃した内容を記録し、証言してもらえるよう頼んでおきます。また事故現場の状況や、車の損傷部位などをメモまたは携帯電話のカメラ機能で写真を撮る等しておくと後で役立ちます。

6.富士火災へ連絡

事故にあったときはただちにご契約取扱代理店・営業社員または弊社(セイフティ24コンタクトセンター)に、事故発生日時、場所および事故の概要を連絡します。その後遅滞なく書面(用紙は弊社・代理店に備え付けられています。)により、

  1. 事故の状況
  2. 被害者の住所・氏名
  3. 目撃者がいる場合はその住所・氏名
  4. 損害賠償の請求を受けた場合はその内容

を通知する必要があります。
なお、次のような場合は、後日保険金のお支払いに支障が生じる場合がありますのでご注意ください。

  • 保険会社の承認なしで事故にあった車を修理した場合
  • 保険会社に相談せずに被害者と示談した場合
  • ご契約取扱代理店・営業社員または下記へご連絡ください。[24時間365日受付] 0120-220-557 富士火災セイフティ24コンタクトセンター (携帯・PHSからもご利用いただけます)
  • インターネットからのご連絡はこちら

(c) 2011 THE FUJI FIRE AND MARINE INSURANCE. ALL RIGHTS RESERVED.